ノキアンが無人トラックの試験に参加 タイヤと管理システム供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
ノキアンタイヤ無人トラック
ノキアンタイヤを装着した無人トラック

 フィンランドのノキアンタイヤは2月27日、製紙会社、ストラ・エンソの無人トラック試験にデジタル管理システム「ノキアンタイヤINTUITU」を搭載した「ハッカペリッタトラック」シリーズ商品を供給したと発表した。

 無人トラックの試験は、ストラ・エンソがデジタル化を進めるパルプ工場(フィンランド・ウイマハルユ)で実施。工場敷地内の1.4kmのウッドチップ輸送ルートを走行する。

 ノキアンは、低転がり抵抗を目指したハッカペリッタトラックタイヤや、「INTUITU」でタイヤの温度・空気圧の管理を行うことで、燃料消費量の削減やライフ向上などへの貢献を図る。

 また、同社では「自動走行システムでは道路状況の変化などの“感触”がないため、タイヤは空気圧や温度といった要素の継続的な情報と同様に、正確なハンドリングを提供しなければならない」としている。

 なお、同プロジェクトには複数のフィンランド企業が参加している。試験期間は時速20km以下で、有人でテストする。


[PR]

[PR]

【関連記事】