横浜ゴム、2020年モータースポーツ活動計画を発表

シェア:
カテゴリー: ニュース
全日本スーパーフォーミュラ選手権で使用されているADVANレーシングタイヤ
全日本スーパーフォーミュラ選手権で使用されているADVANレーシングタイヤ

 横浜ゴムは3月12日、2020年のモータースポーツ活動計画を発表した。2016年から同社がワンメイク供給を開始した「全日本スーパーフォーミュラ選手権」をはじめ、2020年より新たにスタートする「全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権」などのフォーミュラレースにADVANレーシングタイヤを供給する。

 また、国内で高い人気を誇る「SUPER GT」ではGT500、GT300にそれぞれタイヤを供給しサポートする。さらに、世界一過酷といわれる独ニュルブルクリンクで競われる「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に継続参戦するKONDO RACINGやBMWを使用するWalkenhorstなどのヨコハマタイヤユーザーにタイヤを供給して勝利を目指す。

 それ以外にもラリーやスピード競技、オフロードレースなど多くのレースに参戦を予定している。

 横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略において、モータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦している。同社では「今年もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追求するとともにマーケットの振興に貢献していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】