住友ゴム、5月からモーターサイクルイベントを全国で開催

シェア:
カテゴリー: ニュース
DUNLOPサーキットステーション
DUNLOPサーキットステーションの様子

 住友ゴム工業は、昨年に引き続きライダーを対象にしたサーキット走行会「DUNLOPサーキットステーション2020」、スクール形式の走行会「DUNLOPサーキットステーション1stステップ2020」、オフロードレースイベント「DUNLOP ENDURO」の3つのモーターサイクルイベントを5月21日から順次開催する。

 「DUNLOPサーキットステーション2020」は、サーキット走行の初心者から経験豊富なライダーまで幅広い層を対象とした走行会で、参加者は自身の走行レベルに合ったクラスで走行を楽しむことができる。また、インストラクターに有名ライダーを招いて、ライディングレクチャーなどを受けることができるほか、オリジナルグッズが当たる抽選会やプロのレースカメラマンによる参加者の走行中の写真撮影などを行う。

 「DUNLOPサーキットステーション1stステップ 2020」は、サーキット未経験者や初心者など、サーキット走行に興味はあるがフリー走行や一般の走行会は敷居が高く参加しにくいと感じるユーザーを対象としたスクール形式の走行会。参加者はサーキットを走る上で必要となる基本的なルールやマナーのレクチャーから、実践的なテクニックの練習、実際のサーキット走行までプロライダーの指導のもとで安全に行うことができる。講師は元世界耐久選手権王者の北川圭一氏をはじめとした経験豊富なプロライダーが務める予定。

 オフロードイベントの「DUNLOP ENDURO 2020」はエンデューロレース参加初心者から中級クラスの社会人の方まで自身の走行レベルで楽しめる内容となっている。学生を対象とした「キャンパスオフロードミーティング西日本大会」とコラボレーションし、同イベントと併催する。規定時間内でオフロードコースの周回数を競うレースを計画しており、会場でのDUNLOPブース出展やゲストのDUNLOPサポートライダーによるライディングアドバイスなどを行う。

 申し込み方法や参加料金などイベントの詳細は同社のウェブサイトで確認できる。


[PR]

[PR]

【関連記事】