トーヨータイヤ、本社勤務者を対象に服装を自由化

シェア:
カテゴリー: ニュース
TOYO TIRE服装自由化
トーヨータイヤの社員ら

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は3月2日から本社で働く社員約300名を対象に服装を自由化すると発表した。また、本社以外の拠点においても体制を整え次第、同様に進めていく予定だという。

 同社は持続的な成長を実現していくため、従業員がやりがいをもって活躍できる労働環境をつくることが必要であるとの考えから、様々な働き方改革に取り組んでいる。今回の服装自由化はこの一環として決めたもので、各自が主体となって働きやすい服装を選ぶことと定義している。

 同社では「TOYO TIREのもとで働く社員が『お互いに個性や多様性を認め合う闊達な風土を作っていく』『自分らしく快適に働くことのできる装いを選ぶことで、心身の負荷を軽減していく』『自由な考えや行動に伴う責任感を育んでいく』ということを趣旨として実施する」としている。

 なお、トーヨータイヤは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の趣旨に賛同し、2030年におけるグループのありたい姿を「TOYO TIREのSDGs」として掲げ、策定した14のゴール(2030年の目標)を2019年3月に公表している。今回の服装自由化は、そのうち、「従業員が安心して挑戦し続けることができる労働環境を提供することで、多様な人々が対等に働く機会を得て、活躍できる社会づくりに貢献する。」という目標にリンクさせた施策の一つとしても位置づけてる。


[PR]

[PR]

【関連記事】