ランクセス、武漢の複数の病院に消毒剤を寄附

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独ランクセスは新型コロナウイルスによる感染症の拡大を防止するため、消毒剤「Rely+On ビルコン」1トンを武漢および周辺の2つの市にある複数の病院に寄附したと発表した。今回寄付した消毒剤は水で希釈することで、10万リットルの消毒液になるという。2月上旬に英国のサドベリー製造プラントから送られ、2月16日に各病院に到着した。

 同社の物質保護剤ビジネスユニットの責任者であるミヒャエル・シェーファー氏は、「当社は中国に8カ所の製造拠点があり、1200名の従業員を擁している。当社の消毒剤を使用することでウイルスまん延の防止に繋がる」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】