ピレリ、新型シミュレーターを導入 開発期間の短縮へ

シェア:
カテゴリー: ニュース
ピレリの新型シミュレーター
ピレリの新型シミュレーター

 伊ピレリはこのほど、ミラノの研究開発部門で最新型シミュレーターの運用を開始したと発表した。開発サイクルとタイヤテストのスピードアップを目的に導入したもので、タイヤの開発期間を短縮するとともに、プロトタイプの数を削減できる。

 同社は既にF1をはじめとしたモータースポーツタイヤの開発でシミュレーションを活用しており、開発期間を約30%短縮したという。今回導入した新型設備は、異なるパラメータによる迅速な再モデリングが可能で、各国の自動車メーカーとのデジタル情報の交換が一層効率化できる。

 同社では「リードタイムを削減し、リーディングカーメーカーとのパートナーシップ強化に貢献する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】