ブリヂストン、CDP「サプライヤー・エンゲージメント」で最高評価

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは2月18日、国際的に環境情報の調査・開示を行うNGOのCDPから「サプライヤー・エンゲージメント評価」において最高評価の「A」を獲得し、「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に認定されたと発表した。

 同社グループは、原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルまで商品ライフサイクル全体を通じてCO2削減に努めており、その取り組みが評価された。

 CDPは企業・都市の環境情報の調査・開示に取り組む国際的なNGOで、機関投資家や企業・団体の要請に基づき、気候変動や温室効果ガス排出、水資源保護等に関する情報開示を求め、調査・評価を実施している。「サプライヤー・エンゲージメント評価」は、企業のサプライチェーン全体での気候変動・温室効果ガス排出量削減への取り組みについて調査し、取り組みに応じて企業を格付けするもの。


[PR]

[PR]

【関連記事】