新たに157カ所を掲載「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」第6版販売開始

シェア:
カテゴリー: ニュース
(C)MICHELIN

 仏ミシュランは、日本を訪れる外国人観光客向けの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改定第6版を2月17日から順次出荷した。フランス語で発行し、主にフランスをはじめとする仏語圏で販売する。

 「ミシュラン・グリーンガイド」は、観光地や景勝地、史跡など、旅行者がその土地をより深く理解し、満喫できる情報を掲載し、そのおすすめ度を星の数で紹介している。今回は約2年半ぶりのリニューアルとなり、ミシュランの社員による新たな追加調査情報、近年公開した奄美群島、水俣、大分、山陰、日光国立公園、富山なども掲載。30カ所の二つ星と、80カ所の一つ星など、日本各地の新たな見どころ157カ所が追加されている。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「2020年は日本の観光産業にとって節目の年となる。北海道から沖縄まで日本各地で、訪れる旅行者が美しい景観を満喫したり、ユニークな日本文化を体験したり、新たな魅力を発見して頂くお手伝いができることをうれしく思う」とコメントした。


[PR]

[PR]

【関連記事】