日本ミシュランタイヤ 強度と摩耗高めた鉱山車両用タイヤ発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「MICHELIN XDR3」
「MICHELIN XDR3」

 日本ミシュランタイヤは1月16日、鉱山車両用タイヤ「MICHELIN XDR3」(ミシュラン・エックスディーアールスリー)を2月3日から発売すると発表した。タイヤサイズは27.00R49で、価格はオープン。

 新製品は独自のトレッドパターンにより接地面のゴム量を増加させることで、安定した接地を実現した。また、ショルダー部には互いに噛み合うゴムブロックを持つ構造を採用。急カーブ時に硬度の高いトレッドパターンを路面に接地させることで、摩耗率を低減している。さらに、最適化されたトレッドデザインによって放熱性を高め、タイヤの温度上昇を抑制することで走行性能を向上したほか、耐腐食ケーブルの採用により、耐腐食性能とタイヤ全体の強度を増強した。なお、「XDR3」は米TRAが定めたケーシング強度と荷重能力を示す指標で、最高水準の★★★(スリースター)に認定されている。

 鉱山では車両を止めると作業が中断してしまうため、寿命が長く故障が少ないタイヤが必要とされる。

 同社では「新製品は、独自のパターン及び構造技術でロングライフとタイヤ強度増強を実現するとともに、荷重能力と走行速度を向上し鉱山オペレーションコスト最適化および生産性向上を実現する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】