ミシュラン、安全な車社会の実現へ向け保険会社と提携

シェア:
カテゴリー: ニュース
ミシュラン-HDI
両社が提携した新たなサービスへつなげる

 仏ミシュランは1月17日、法人向け保険会社の独HDIグローバルSEと提携すると発表した。走行データの収集や処理、分析を行うミシュランのDDI(ドライビング・データ・トゥー・インテリジェンス)事業とHDIのノウハウを組み合わせ、フリートを保有する企業に対して交通安全にフォーカスしたサービスを提供する。

 同サービスでは、走行データを収集するコネクテッドボックスをフリートに装着し、ドライバーやフリート管理者に情報をフィードバックする。これにより、危険性のある運転行動の特定やドライバー教育が可能になるという。

 両社は早ければ2022年にも新たなソリューションを開発する予定。なお、仏ユーロマスターは2020年第1四半期から同サービスを導入する。

 ミシュランは「持続可能なモビリティを促進するフリート向けコネクテッドソリューションの提供を強化する」としている。一方、HDIは「顧客の利益に向けたビッグデータとリスクマネジメントの革新的な組み合わせである新たな領域の提携を嬉しく思う」とコメントした。


[PR]

[PR]

【関連記事】