トーヨータイヤ、フリーライドスキー・スノーボード競技に協賛

シェア:
カテゴリー: ニュース
TOYO_FWT競技イメージ
「Freeride World Tour」の競技の様子

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は1月15日、フリーライドスキー・スノーボード競技の最高峰である「Freeride World Tour」(フリーライド・ワールド・ツアー)の白馬大会にメインパートナーとして協賛すると発表した。会場は長野県北安曇郡白馬村で、開催期間は1月18日から25日まで。この日程のうち、会場の状態が良く安全に開催可能な1日に実施する。

 同社は出場選手のビブスや競技会場の主要箇所、「Freeride World Tour」が発信する動画サイトなどに「TOYO TIRES」のロゴを掲出する予定。

 また「昨年、新たなブランドステートメントを『まだ、走ったことのない道へ。』という言葉に制定した。道なき雪山を切り拓き、果敢に挑戦する選手の姿が同ステートメントにオーバーラップするものと共鳴し、本大会を応援する」としている。

 フリーライドスキー・スノーボード競技は、スタートとゴールの位置だけが決まっており、雪山全体をコースとして自由に降り、滑走の表現やライン取りなどを評価する。「Freeride World Tour」は世界ランキングおトップ50が出場するツアー大会で、今期の初戦会場は2018年シーズンから引き続き白馬村が選ばれた。


[PR]

[PR]

【関連記事】