ブリヂストン、史上最速を追求した「POTENZA RE-71RS」発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「POTENZA RE-71RS」
「POTENZA RE-71RS」

 ブリヂストンは、本格的なリアルスポーツタイヤ「POTENZA」の新商品として、ストリートラジアル史上最速を追求した「POTENZA RE-71RS」を2月より順次発売する。発売サイズは13~19インチ63サイズで、全てメーカー希望小売価格を設定している。

 「POTENZA」は1979年の誕生以来、世界のハイパフォーマンスカーに認められモータースポーツの世界でも結果を残し続けているスポーツタイヤブランド。

 今回発売する「POTENZA RE-71RS」は、モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術を駆使し、路面との接地を高めるためにハイグリップポリマーを配合したトレッドゴムを採用。また、独自技術により、車両旋回中でも最大限接地面積を確保できるようパターンや形状を最適化している。

 さらに、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力とコントロール性を高次元で両立するだけでなく、ライフ性能も高めてた。従来品(POTENZA RE-71R)と比べてサーキット走行時の最速ラップタイムにて2.0%の短縮を実現し、摩耗寿命も5.0%向上させた。

 同社では「『POTENZA』の商品ラインアップを更に充実することで、”走り”に対する深いこだわりや多様化したニーズに応えていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】