横浜ゴム「モータースポーツ・スカラシップ2020」実施

シェア:
カテゴリー: ニュース
全日本ダートトライアル選手権N1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した古沢和夫選手(2019年スカラシップ登録者)
全日本ダートトライアル選手権N1クラスでシリーズチャンピオンを獲得した古沢和夫選手(2019年スカラシップ登録者)

 横浜ゴムは1月9日、モータースポーツ振興促進活動の一環として競技参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2020」の実施を開始したと発表した。受付期間は4月30日まで。

 同制度はスカラシップに登録したヨコハマタイヤユーザーを支援するもの。競技の成績に応じてポイントを付与し、獲得ポイントによってヨコハマタイヤを支給する。2020年はJAF(日本自動車連盟)公認およびJMRC(JAF登録クラブ地域協議会)が統括するラリー、ダートトライアル、ジムカーナのほか、TOYOTA GAZOO Racingにおいては、プロフェッショナルシリーズを除いた86/BRZ RaceやRally Challengeが対象。

 同社はSUPER GTへの参戦や、全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズにタイヤ供給するなどトップカテゴリーのレースを支えている。あわせて中期経営計画「グランドデザイン2020」(GD2020)のタイヤ消費財戦略では「ホビータイヤ戦略」を掲げ、あらゆる自動車ユーザーの趣味に対応する新商品の開発と既存商品のサイズラインアップ拡充を進めている。

 さらに、ユーザー参加型レースも幅広くサポートしており、昨年も全日本ラリー選手権で2クラス、全日本ダートトライアル選手権で3クラスのシリーズチャンピオンを獲得するなど多くの対象レースでヨコハマタイヤ勢が活躍した。

 同社では「今後も国内外での様々なモータースポーツ活動を通して、ヨコハマタイヤの認知度向上と自動車産業およびモータースポーツマーケットの成長発展・活性化に貢献していきたい」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】