日本ミシュランタイヤ 使い捨てプラスチック削減など通じ環境保全

シェア:
カテゴリー: ニュース
マイボトル
マイボトル

 日本ミシュランタイヤは12月26日、ワンウェイ(使い捨て)プラスチックの使用を削減し、「エコ・ファースト企業」として環境保全に更に貢献する取り組みを推進すると発表した。

 同社は2009年に環境省が創設した「エコ・ファースト制度」で「エコ・ファースト企業」の認証を取得した。それ以降、環境対応型製品の市場投入の促進やトラック・バス用タイヤにおける“3R”の推進により、環境負荷を低減する活動を行ってきた。2020年1月からは、社員一人ひとりが貢献できる環境保全活動を実施する。

 代表的な取り組みとして、「社内の使い捨てプラスチックの使用を控える」「会議中のペットボトル飲料の使用をやめる」「ロゴ入りマイボトルとエコバッグを社員に提供」などを挙げている。

 同社によると、世界のプラスチックの生産量は過去50年間で20倍に拡大し、大量の海洋プラスチックごみが発生しているという。使い捨てプラスチックパッケージの生産がごみの増加に影響しているほか、適切に処理されないプラスチックが海に入り込み深刻な問題を引き起こすなど、海洋プラスチックの削減は持続可能な開発目標(SDGs)達成のための重要な課題となっている。


[PR]

[PR]

【関連記事】