横浜ゴム「GEOLANDAR」装着車が「ダカールラリー2020」参戦

シェア:
カテゴリー: ニュース
横浜ゴム-ダカールラリー参戦
ドライバーのOSCAR FUERTES ALDANONDO選手(右)と、コドライバーのDIEGO VALLEJO選手と参戦車両の「KORANDO DKR」

 横浜ゴムは12月26日、SUV・ピックアップトラック用タイヤ「GEOLANDAR M/T G003」の装着車が「ダカールラリー2020」に参戦すると発表した。レースの開催期間は1月5日から17日。

 今回は「SSANGYONG MOTORSPORT/SODICARS RACING」のOSCAR FUERTES ALDANONDO選手とDIEGO VALLEJO選手が搭乗する「KORANDO DKR」にタイヤを供給する。同チームは2019年1月にペルーで行われたダカールラリーで、二輪駆動のガソリン車で競われるT1・3カテゴリーにおいて3位を獲得した。今大会でもT1・3カテゴリーで参戦する。

 ダカールラリーは近年、南米大陸で開催されていたが、今回は会場をサウジアラビアに移して大部分が砂漠の中、国土の全域を使って全12ステージで行われる。スタートはJeddah(ジッダ)、ゴールはQiddiya(ギッディーヤ)で、総走行距離は7500km以上。

 「GEOLANDAR M/T G003」はオフロードユーザー向けの商品で、あらゆる路面でのオフロード性能を追求するとともに、耐久性・耐摩耗性の向上による優れたロングライフ性能を実現した。オフロード感を強調したデザイン性にもこだわり、より逞しくアグレッシブなイメージを目指している。2018年には同製品の装着車両がグアムで行われたスプリント耐久オフロードレース「APL SMOKN‘WHEELS 2018」で優勝している。

 横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020」(GD2020)の技術戦略においてモータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、国内外の多岐にわたるレースに参戦している。


[PR]

[PR]

【関連記事】