日本グッドイヤー「東京オートサロン2020」でモータースポーツ活動を訴求

シェア:
カテゴリー: ニュース
東京オートサロン 日本グッドイヤーのブースイメージ
日本グッドイヤーのブースイメージ

 日本グッドイヤーは、1月10日から12日まで千葉市の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に出展する。

 ブースでは、世界のモータースポーツに取り組むグッドイヤーの象徴として、NASCAR参戦の「TOYOTA SUPRA」と、FIA世界耐久選手権(WEC)参戦の「Jota Sport オレカ車」を展示する。

 さらに、NASCARチームのピットクルーによるタイヤ交換デモンストレーションを実施。また、プロドライバーも使用するドライブシミュレーター「iRacing」(アイ・レーシング)を設置し、一般の来場者にも迫力あるレース体験を提供する。

 グッドイヤーは1898年に創業して以来、ル・マン24時間での通算14勝やF1の368勝などを達成している。2019年はル・マン24時間を含むWECへ復帰し、2020年は、NASCARへのオフィシャルサプライヤーとしてのタイヤの提供が66年目となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】