ブリヂストン、新たなタイヤセンシング技術を確立

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは12月18日、車両の走行時、タイヤが路面と接触したときに発生するひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンシング技術を確立したと発表した。これにより、溝不足などのタイヤに関する様々な情報をリアルタイムで認知・把握することが可能になる。

ブリヂストンの「Smart Strain Sensor」
「Smart Strain Sensor」

 今回開発したセンサー「Smart Strain Sensor」(スマートストレインセンサー)は、タイヤの内面に貼り付けるもの。一般的なTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)のようにタイヤの空気圧や温度を把握するだけでなく、タイヤが路面に接触している間のタイヤのひずみを測定する。

「Smart Strain Sensor」のメカニズム
「Smart Strain Sensor」のメカニズム

 タイヤにかかる荷重や摩耗の状態によりひずみは異なるため、同社のタイヤ技術の知見とAI(人工知能)を活用した独自の解析手法によって、タイヤの荷重と摩耗状態を推定することができる。

 同社の従来のタイヤセンシング技術「CAIS」(カイズ)は加速度を計測する手法をとっていたが、「スマートストレインセンサー」は速度に依存しないタイヤのひずみを計測するため、極低速度域でも信頼性の高いデータが収集可能になった。また電池寿命も改善し、タイヤの末期まで電池交換が不要になることが期待できるという。

 さらに、空気圧や摩耗、荷重といった収集データは、ドライバーのほか、車両管理者が遠隔でリアルタイムにモニタリングすることも可能になる。

 また、従来のセンシング技術は生産財を中心に活用されていたが、「スマートストレインセンサー」は乗用車用タイヤや小型バス用タイヤなどにも適用できることが特徴だ。

 そのため、生産財向けのIoT(モノのインターネット)ソリューションとの将来的な連携はもちろん、自動運転車などへの展開も考えられるという。

 同社では、「適切なタイミングでのタイヤ交換が可能となり、タイヤメンテナンスの軽減や、タイヤトラブルの未然防止が可能となることから、安全性の向上につながる。また、将来の自動運転社会における安全な走行制御への活用が期待できる」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】