ブリヂストン、小型トラック・バス用低燃費タイヤ「エコピアR214」を発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「ECOPIA R214」
「ECOPIA R214」

 ブリヂストンは、2月3日から1~3.5トンクラスの小型トラック・バス用低燃費タイヤ「ECOPIA R214」(エコピア・アールニーイチヨン)を発売する。発売サイズは15~17.5インチの8サイズで、価格はオープン。

 新商品は、同社独自の材料技術「Nano Pro-Tech」(ナノ・プロテック)により開発した「LT専用Ecoコンパウンド」や、ひずみエネルギーを最小化する形状設計技術「エネルギーセービングライン」を従来品(エコピアR201)から踏襲。さらに、トレッド部のベルト構造などを最適化し、転がり抵抗を従来品比で10%低減した。

 また、わだち路でハンドルが取られる現象を抑制するため、ショルダー部をラウンド化して操縦安定性を向上した。同社では、高速主体の運送事業者や、高齢や女性、経験の浅いドライバーなどの負担軽減・安全確保を求めるユーザーに推奨している。

 トラック・バス用タイヤの「エコピア」ブランドは、優れた低燃費性能を備えながら、ウェット性能や摩耗ライフ性能など7つの運動性能を総合的にバランスすることを目指したもの。同社では「運送事業者様の『安全運行』『経費削減』『環境対応』『業務効率化』をサポートするため、当社は引き続き、『エコピア』ブランドの更なる商品ラインアップの充実やグローバル展開、新車への装着拡大を積極的に推進する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】