2020年の国内需要は1%減 タイヤ協会が需要予測発表

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本自動車タイヤ協会が12月12日に発表した2020年の国内需要見通し(メーカー出荷ベース)は、四輪車用合計で2019年実績見込み比1%減の1億1262万2000本と3年連続で前年を下回る見込みとなった。

 新車用は4330万3000本、市販用は6932万本といずれも前年比1%のマイナスとなる見込み。四輪車用の各カテゴリーで夏タイヤ、冬タイヤともに前年と同水準から1、2%程度の減少となるもよう。ただ、全体の需要は大きく変わらない中、「大口径タイヤなどの需要は伸びている」(同会)ことが近年の傾向として表れている。

 同会では需要見通しの前提条件として2020年の実質経済成長率を0.3%、新車生産台数は953万4000台、国内販売台数は510万6000台とした。


[PR]

[PR]

【関連記事】