住友ゴム「東京オートサロン」でダンロップとファルケンを訴求

シェア:
カテゴリー: ニュース
ダンロップブース
ダンロップブース

 住友ゴム工業は、1月10日から12日まで千葉県の幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」に「DUNLOP」(ダンロップ)と「FALKEN」(ファルケン)の2つのブランドでブースを出展する。

 ダンロップブースは「安全・安心な、家族のダンロップ」をコンセプトに、安全・安心を支える技術を紹介する。ブースでは〈のぞく・TYRE-TRIP THEATER〉〈うごかす・GESTURE VISION〉〈くらべる・DRIVE SIMULATOR〉〈さわる・HISTORY WALL〉〈撮れる・RACING STUDIO〉の5つの体験コンテンツを用意する。

 同社は「子どもから大人までが楽しみながらダンロップブランドの歴史からタイヤの未来の安全・安心までを体感できるアミューズメントパークのようなブースになる」としている。

 また、モータースポーツ用タイヤや乗用車用タイヤ、レーシングカーの展示のほか、トークショーも行う予定。

ファルケンブース
ファルケンブース

 ファルケンブースでは、「Cutting-Edge」をコンセプトに、若々しく躍動感のあるブランドイメージを訴求する。

 フラグシップタイヤ「AZENIS FK510」をはじめ、米国で人気の「WILDPEAK」シリーズ、新商品のドレスアップバン向けホワイトレタータイヤ「W11」を紹介する。

 さらに、ブースでは「WILDPEAK A/T3W」を装着し、ファルケンカラーにラッピングしたJeep「Wrangler」と、「W11」を装着したトヨタ自動車の「HIACE」の展示も行う予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】