横浜ゴム子会社の社員が「現代の名工」として厚生労働省から表彰

シェア:
カテゴリー: ニュース
表彰されたヨコハマビジネスアソシエーションの織本信行氏
表彰されたヨコハマビジネスアソシエーションの織本信行氏

 横浜ゴムは12月12日、子会社であるヨコハマビジネスアソシエーションの社員である織本信行氏が、コンベヤベルトなどの工業用ゴム製品製造設備の保全および改善に関して、厚生労働省が実施する2019年「卓越した技能者(現代の名工)」として表彰されたと発表した。

 この表彰制度は1967年に創設され、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するもの。技能の世界で活躍する職人や技能の世界を志す若者に目標を示し、技能者の地位と技能水準の向上を図ることや、技能者の模範として将来を担う優秀な技能者の確保・育成を進め、優れた技能を次世代に承継していくことを目的としている。

 今回表彰された織本氏はコンベヤベルトなどの工業用ゴム製品の製造設備の保全や改善に長年従事し、卓越した技能・知識を有していることが評価された。特に油圧や空気圧装置の修理、改善作業における功績は大きく、導入から年月が経過したコンベヤベルト生産用プレス機の油圧装置改修においては、機構や回路の簡素化を実現し、安定稼動や省エネルギー化に寄与したという。また、技能検定の首席検定委員を務めるとともに、多くの技能士の指導育成を通して、後進の育成に尽力していることも高い評価を得た。


[PR]

[PR]

【関連記事】