TOYO TIREのサポート選手「FIA Intercontinental Drifting Cup」で3連覇

シェア:
カテゴリー: ニュース
ゴーチャ選手の走行の様子
ゴーチャ選手の走行の様子

 11月29日から12月1日に茨城県の筑波サーキットで開催された「FIA Intercontinental Drifting Cup 2019Tsukuba Drift」で、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がドリフト競技用タイヤ「PROXES R888R Drift」を供給したGeorgy Chivchyan(ゲオルギィ・チフチャン)選手が優勝した。また、同じく同社がサポートした藤野秀之選手が準優勝となった。これにより、TOYO TIREのサポート選手は大会3連覇を達成した。

 「FIA Intercontinental Drifting Cup」は、国際自動車連盟(FIA)が公認する世界で唯一のドリフト競技会。第1回は川畑真人選手、第2回はゴーチャ選手が優勝している。3回目となった今年は「PROXES R888RD」装着車両で参戦したTOYO TIRESサポート選手3名がベスト4に進出し、勝負を制したゴーチャ選手が2連覇を果たした。

 同社では「今後も本物の走りを実現するハイクオリティなタイヤを提供していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】