ブリヂストン、中東最大規模の航空宇宙機器見本市「ドバイ航空ショー2019」に出展

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンのブース
ブリヂストンのブース

 ブリヂストンのヨーロッパ子会社で、航空機用タイヤの販売・サービスを手掛けるブリヂストン エアクラフト タイヤ ヨーロッパ エスエーは、11月17日から21日までアラブ首長国連邦・ドバイで開催される「ドバイ航空ショー2019」に出展する。

 「ドバイ航空ショー」は、世界の航空機メーカーや関連企業が出展する中東最大規模の航空宇宙機器の国際見本市で、2年に一度開催されている。ブリヂストンのブースでは、ボーイング社の「787-9/10」やエアバス社の「A350-900」向けの航空機用ラジアルタイヤを展示するほか、新品タイヤとリトレッドタイヤを組み合わせた航空機用タイヤソリューションを紹介する。

 同社グループの航空機用タイヤソリューション事業は、新品タイヤ・リトレッドタイヤといった商品やサービスを組み合わせることにより、顧客の困りごとの解決や目標達成に貢献することを目指している。同社では「今後も強みを生かし、航空機メーカーや航空会社とともに、『安全安心な航空運航を支える』新たな価値の創造を目指す」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】