横浜ゴムのタイヤ3商品が「SEMA Show」の表彰でタイヤ関連部門賞を独占

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムのタイヤ商品が米ネバダ州ラスベガスで11月5日から8日まで開催された世界最大規模の自動車用品ショー「2019 SEMA Show」において行われた「New Products Award」のタイヤ関連部門で3つの賞を独占した。

「GEOLANDAR X-AT」の受賞トロフィー
「GEOLANDAR X-AT」の受賞トロフィー

 「SEMA Show」には横浜ゴムの米国販売子会社Yokohama Tire Corporation(ヨコハマタイヤコーポレーション)が出展した。最も優れた商品が表彰される「Best New Tire Winner」を受賞したのはオフロード感を高めた新カテゴリーのSUV・ピックアップトラック向けタイヤ「GEOLANDAR X-AT」。オフロード感溢れるアグレッシブな外観と優れたオフロード性能に加え、オンロードでの快適性や環境性能を両立した。

 次いで優秀な2商品が表彰される「Runner-up Awards」に選ばれたのは、ハイパフォーマンス・クロスオーバーSUV向けハイウェイテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-CV」およびウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN APEX V601」。

「ADVAN APEX V601」を装着した展示車両
「ADVAN APEX V601」を装着した展示車両

 「GEOLANDAR X-CV」は安全性、快適性、経済性を備えながら、急な降雪にも対応する「M+S(マッド&スノー)」規格を獲得するとともに、全サイズで最高速度270km/hに対応するスピードレンジ「W」を実現した。また、「ADVAN APEX V601」は北米専用に開発した商品で、ヨコハマタイヤの歴史的ヒット商品である「YOKOHAMA A008」(日本名「ADVAN HF Type D」)のトレッドパターンを彷彿とさせる非対称パターンに最新のハイパフォーマンスタイヤテクノロジーを投入している。

 受賞にあたり、ヨコハマタイヤコーポレーションでマーケティング&商品戦略担当本部長を務めるアンドリュー・ブリッグス氏は「権威あるSEMA New Products Award受賞は非常に大きな成果となる。加えて3つの賞を全て獲得するということは前例の無いことであり、私たちが新商品開発で目覚しい進歩を遂げて来たことの証明である」と述べた。

 横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020」(GD2020)のタイヤ消費財戦略に基づき、新商品投入を積極的に進めており、北米においても今年は9商品を新発売。合わせて、11年ぶりに「SEMA Show」に出展するなど北米市場でのプレゼンス向上を強化している。


[PR]

[PR]

【関連記事】