ブリヂストン「エコピアの森 関」で森林整備活動を実施

シェア:
カテゴリー: ニュース
エコピアの森関の参加者
活動の参加者

 ブリヂストンの関工場(岐阜県関市)は、10月26日に関市の「エコピアの森 関」で森林整備活動を実施したと11月7日発表した。

 当日は関工場の従業員やその家族、岐阜県や関市の職員など131名が参加。雑草の刈り取りや間伐といった整備活動のほか、森の素材を用いた木工体験イベントも開催した。

 「エコピアの森 関」は、ブリヂストンが岐阜県、関市、富乃保財産区、中濃森林組合と2013年から締結している「生きた森林づくり協定」に基づき、地域住民が親しめる森作りに取り組む活動。同社は協定に基づき、「エコピアの森 関」(約26ha)を計画的に整備している。

 同社グループでは「持続可能な社会の実現を目指し、関工場においても、地域の皆様と共同で様々な環境保全活動に取り組んでいく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】