ブリヂストン タイの建設・鉱山車両用タイヤ工場が開所

シェア:
カテゴリー: ニュース
タイ工場の開所式の様子
タイ工場の開所式の様子

 ブリヂストンはタイ子会社が10月24日に建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ(OR)新工場の開所式を開催したと10月25日発表した。

 新工場はラヨーン県のアマタ・シティ工業団地で稼働した。生産能力は日産約35トン。同社にとって日本以外のアジアで初めての建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ工場となる。

 開所式に参加した東正浩執行役専務は、「高品質・高付加価値のタイヤをお客様に提供することで事業を発展させ、タイおよび地域社会に貢献できるよう努めていく」と述べた。

 同社では「タイにおいて53年にわたる事業活動で築いてきた事業基盤・ネットワークを有している。これに新工場が加わることにより、同国の経済および産業の更なる発展に貢献ができる」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】