「ワールドソーラーチャレンジ」ブリヂストンがタイヤ供給した2チームが優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース
ソーラーカーレースイメージ
(ブリヂストンの公式サイトより)

 ブリヂストンは10月30日、世界最高峰のソーラーカーレース「2019 Bridgestone World Solar Challenge」(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ)でタイヤを供給している2つのチームが優勝したと発表した。

 優勝したのは、チャレンジャークラスに出場した#8「Agoria Solar Team」(ベルギー)と、クルーザークラスに出場した#40「Solar Team Eindhoven」(オランダ)。

 今回。ブリヂストンが供給したソーラーカー用低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」は低燃費タイヤ技術「オロジック」のコンセプトを採用。耐久性を確保しながら転がり抵抗の低減を図っているのが特徴。

 「Agoria Solar Team」チームマネジャーのクラース氏は「『ECOPIA with ologic』の低い転がり抵抗と信じられないほどの耐久性で、私達は最後の2日間で3番手から1番手になることができた」とコメントした。

 「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」は2年に1度オーストラリアで開催され、北部の都市ダーウィンから南部の都市アデレードまでの約3000kmを走破する。

 日本からは4チームがチャレンジャークラスに参戦。そのうち、#10「東海大学ソーラーチーム」が2位に入り、5位に入った#88「工学院大学ソーラーチーム」は、特別賞の1つである「テクニカルイノベーションアワード」を受賞した。

 なお、同社はタイトルスポンサー契約を更新し2030年まで大会をサポートするとともに、出場チームへのタイヤの供給も継続する。


[PR]

[PR]

【関連記事】