住友ゴム、新AI技術を確立 タイヤ性能持続技術の開発加速

シェア:
カテゴリー: ニュース
構造情報を新たに取得することで、高精度な物性推定と構造変化の検知が可能-h
構造情報を新たに取得することで、高精度な物性推定と構造変化の検知が可能となる

 住友ゴム工業は10月18日、タイヤの性能持続技術の開発を加速させるAI(人工知能)技術「Tyre Leap AI Analysis」(タイヤ・リープ・エーアイ・アナリシス)を確立したと発表した。

 同技術は、原材料情報に加えて、ゴム内部の分析データのリアルな情報から高精度なゴム物性推定などに応用ができる。既に今年上期から製品開発に使用しているという。使用前後のゴム内部の構造変化の検知も行えることから、今後は使用後のゴムの物性推定などへの活用も期待される。

 ゴムの内部構造は複雑であるため、これまで人による解析では多大な時間を要し、解析精度にも限界があった。そうした中「タイヤ・リープ・エーアイ・アナリシス」は、タイヤ用配合ゴムの電子顕微鏡画像にAI解析技術を適用することで、高精度な解析を実現し、画像から物性を導き出すことを可能にした。

 また、ゴムに配合されている原材料の情報と他の構造情報を組み合わせることで、さらに高精度な物質推定ができる。

 今後、この技術の活用により、同社が「Smart Tyre Concept」で掲げている「性能持続技術」の開発を加速させ、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する安全・安心な高性能タイヤ開発につなげていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】