ブリヂストン、2020年4月から本社や国内工場で就業時間内は禁煙

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは2020年4月から就業時間内の禁煙を実施すると10月10日発表した。従業員の健康維持・増進が目的。また、禁煙外来の活用促進や禁煙セミナーの実施など、医療面でのサポートや啓発活動などの取り組みも行う。

 対象となる事業所は本社および技術センター、国内の15工場など。本社や一部の事業所では今年8月より段階的に喫煙所を閉鎖する曜日を設定している。喫煙者率を2022年12月末に30%、2025年12月末までに12%に下げることを目標にしている。

 同社では「従業員とその家族の健康増進や、一人ひとりが安全に安心して業務を行うことができる職場環境の整備に取り組み、様々な施策を通じて健康経営の強化を推進していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】