ブリヂストンの競技用自転車 日本代表への供給が決定

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンが提供する競技用自転車
ブリヂストンが提供する競技用自転車

 ブリヂストンとブリヂストンサイクルは9月24日、同社グループの競技用自転車が自転車競技トラック日本代表に正式採用されたと発表した。日本代表が出場する2019~2020年シーズンの大会から使用する予定で、ブリヂストンが持つタイヤの解析技術や材料技術も活かしながら、来年の東京オリンピックに向けて更なる開発を進めていく。

 同日、都内で開いた会見には、チームブリヂストンサイクリングの窪木一茂選手と橋本英也選手が参加してオリンピックへの意気込みを話した。また、日本自転車競技連盟トラック委員会の中野浩一委員長は、「日本の選手が日本の自転車を使用して世界で戦うことに価値がある。来年の五輪では本当にメダルを取れると思っている」と期待を語った。

 なお、ブリヂストンはオリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーを務めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】