ブリヂストン「ワールド ソーラー チャレンジ」で32チームにタイヤ供給

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは同社がタイトルスポンサーをつとめるソーラーカーレース「2019 Bridgestone World Solar Challenge」(ブリヂストン ワールド ソーラー チャレンジ)に参戦する32チームに、低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給する。

 「ワールド ソーラー チャレンジ」は2年に1度、豪州で開催される世界最高峰のソーラーカーレース。今年は10月13日にスタートし、各チームは北部の都市ダーウィンから南部の都市アデレードまでの約3000kmを5日間かけて走破する。

 ブリヂストンが供給する「ECOPIA with ologic」は、同社の低燃費タイヤ技術「ologic」のコンセプトを採用したソーラーカー用の低燃費タイヤ。耐久性を確保しながら、転がり抵抗の低減を図っているのが特徴。「ologic」はタイヤの大径化により、接地部分の変形を抑制してタイヤの転がり抵抗を低減するとともに、狭幅化により走行時の空気抵抗も低減している。


[PR]

[PR]

【関連記事】