住友ゴムの制震ダンパー、熊本城天守閣の小天守に採用

シェア:
カテゴリー: ニュース
熊本城天守閣(左が小天守)
熊本城天守閣(左が小天守)

 住友ゴム工業は9月26日、同社の制震ダンパーが2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城天守閣の小天守に設置されたと発表した。

 同社製品は2018年には大天守にも採用されている。熊本城天守閣の復旧工事は大天守の外観復旧がほぼ完了し、小天守の外観復旧も始まっている。10月5日からは特別公開として、立入規制区域が部分開放され天守閣の間近まで行けるようになる。

 同社の制震ダンパーは、自動車レース用のタイヤで培った先進技術で開発した高減衰ゴムを使用。地震エネルギーを瞬時に熱に変換することで、揺れを吸収することができる。今回採用された制震ダンパーは、3枚の鋼板の間に板状の高減衰ゴムを強力に接着した。

 なお、この高減衰ゴムは戸建て住宅用制震ユニット「MIRAIE」(ミライエ)にも使われており、熊本地震でその効果を発揮したという。


[PR]

[PR]

【関連記事】