トーヨータイヤ、道の駅でタイヤ点検の重要性を啓発

シェア:
カテゴリー: ニュース
トーヨータイヤのタイヤ点検活動
点検活動の様子

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)と国内販売子会社のトーヨータイヤジャパンは9月1日から順次、全国8カ所の道の駅で「秋のタイヤ安全啓発活動」を行った。

 同社では今年4月にも全国8カ所の道の駅で同様の安全啓発活動を実施。その結果、点検した車両の約15%に空気圧不足が確認されていた。

 トーヨータイヤジャパンの山邊憲一社長は「タイヤの安全使用は我々の安全作業にもつながる。一般の皆様に向け、タイヤの安全使用に関する啓発活動に積極的に取り組む」と語っており、日々の点検の重要性を啓発することが使命と位置付ける。

 今回の活動では、8日「アグリパーク竜王」(滋賀県)会場で、独自開発のコンピュータ制御ソフトを搭載したドライブシミュレーターを用意。来場者がそれによる斬新な啓発プログラムを体感した。

 また15日の「アグリパークゆめすぎと」(埼玉県)会場は天候にも恵まれ早朝から多くの利用者が来場。点検台数は104台。担当スタッフはドライバーとコミュニケーションを深めながら、タイヤ点検の重要性を訴えた。


[PR]

[PR]

【関連記事】