コンチネンタル タイヤ空気圧を自動調整する新技術発表

シェア:
カテゴリー: ニュース
「Conti C.A.R.E.」
「Conti C.A.R.E.」のイメージ

 独コンチネンタルは9月に開催されたフランクフルトモーターショーで、ホイールやタイヤ技術のネットワークを調整して求められる特性が管理できるシステム「Conti C.A.R.E.」(コンチ・ケア)を発表した。自動運転といった将来のモビリティに向けて開発したもので、ウェブアプリケーション「コンチ・コネクトライブ」と連動することで、コストの最適化やパフォーマンス向上が期待できるという。同社では「ロボタクシー向けにタイヤ管理の手段を提供する柔軟なシステムソリューションを構築する」としている。

 「コンチ・ケア」を採用したタイヤは、構造内に組み込まれたセンサーが溝深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータを生成し、継続的に評価する。監視システム「コンチ・センス」を通じてタイヤの情報を「コンチ・コネクトライブ」に送信し、車両の管理を効率的に行えるようになる。

 また、ホイールに組み込まれた遠心ポンプを活用して空気圧を調節するシステムも発表した。タイヤ空気圧を常に最適に保ち、CO2排出量の減少につながるという。


[PR]

[PR]

【関連記事】