ブリヂストン シンガポールの航空産業展「MRO Asia-Pacific 2019」に出展

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンブースイメージ
ブリヂストンブースのイメージ

 ブリヂストンの子会社で航空機用タイヤの販売および航空機用リトレッドタイヤの生産・販売を手掛けるブリヂストン エアクラフト タイヤ カンパニー(アジア)は、9月24日から26日にシンガポールで開催される航空産業の展示会「MRO Asia-Pacific 2019」に出展する。

 「MRO Asia-Pacific」は、例年5000名以上の航空産業従事者、150社以上の航空機メーカーや航空関連企業が出展するアジア有数の航空産業に関する展示会。ブリヂストンブースでは、JAL「A350」にも採用されているエアバス社の「A350」向けの航空機用ラジアルタイヤを展示するほか、新品タイヤとリトレッドタイヤを組み合わせた航空機用タイヤソリューションを紹介する。

 同社の航空機用タイヤソリューションは、新品タイヤやリトレッドタイヤ、サービスを組み合わせることにより、ユーザーの課題解決や目標達成に貢献することを目指している。同社では「今後も強みを生かし、安全安心な航空運航を支える新たな価値の創造を目指す」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】