レッドブル・エアレースで「Team FALKEN」の室屋義秀選手が優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース

 9月7日~8日に千葉県で開催された「Red Bull Air Race World Championship 2019」シリーズ最終戦で、住友ゴム工業がFALKENブランドでサポート契約をしているマスタークラスのパイロット、室屋義秀選手が優勝を飾り、年間総合ランキングでは2位を獲得した。

 同社は最先端技術により開発された高性能タイヤでの新車装着やモータースポーツ活動などにより高い支持を獲得し、グローバルに展開しているFALKENブランドと、鍛え抜かれた高い技術で世界を舞台に活躍している室屋選手とのイメージが合致するとして、2015年から5年連続でサポートしてきた。

 「Red Bull Air Race World Championship」は、これまで世界各国で90レース以上開催されており、2019年シーズン限りで終了となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】