ブリヂストン、最新旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給

シェア:
カテゴリー: ニュース
JAL「A350」に装着
「A350」向け航空機用ラジアルタイヤ

 ブリヂストンは、日本航空(JAL)が9月から就航した新型旅客機「A350」に航空機用ラジアルタイヤを供給したと発表した。

 航空機用タイヤは、機体の高荷重のもと高速度で離着陸を繰り返す過酷な状況で使用されるため、高い耐久性を要する。加えて、飛行中の燃費向上のためにタイヤの軽量化も求められる。

 今回の装着タイヤは、耐久性と軽量化を両立させたラジアル構造「RRR」(トリプルアール)を採用しており、機体の安全性および低燃費性・経済性向上をサポートしている。

 「A350」は2013年6月に初飛行し、2014年に商業運行を開始したエアバス社の最新鋭の旅客機。JALは9月1日、羽田~福岡路線に「A350」(A350-900型機)を国内で初導入した。さらに、同社の「A350」は、ボーイング社の「777」の後継機として国内線に順次導入され、その後国際線への導入も予定されている。

 航空機用タイヤには新品だけではなくリトレッドタイヤも使用されており、航空機を構成する多くの部品の中で交換頻度が高い部品のひとつでだとという。

 ブリヂストンでは「新品タイヤ・リトレッドタイヤといった商品やサービスを組み合わせることにより、お客様の課題解決や事業に貢献することを目指していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】