ブリヂストン「フランクフルトモーターショー」で先進技術を多数紹介

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストンのブースイメージ
ブリヂストンブースのイメージ

 ブリヂストンは現地時間の9月10日~22日に独フランクフルトで開催される「フランクフルトモーターショー2019」に出展すると発表した。

 今回のモーターショーでは、CASEを見据えた将来のモビリティ社会に貢献する同社グループの革新的な商品や技術、ソリューションビジネスモデルなどを紹介する。

 ブースでは、車両のコンポーネントに関する最先端の予測メンテナンス、タイヤおよび自動車関連サービスの包括的な月額サービス、経費節減に貢献するフリート管理ソリューションのほか、省資源化や低燃費化によるCO2排出量低減と高い運動性能を高次元で両立する新技術、車内騒音の大幅な低減を可能にする技術、タイヤ内面のシーリング材によるパンク対応技術などを訴求する。

 同社では「タイヤ・ゴムに関する専門知識や研究開発の強みに加えて独自のイノベーションとグローバルのビジネス規模を活かし、業界をリードする製品・サービス、そしてモビリティソリューションの提供により、モビリティ社会を支えていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】