ミシュラン「グランツーリスモ」のテクノロジーパートナーに

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ:

 仏ミシュランは8月23日、レーシングゲーム「GRAN TURISMO」(グランツーリスモ)のオフィシャルタイヤテクノロジーパートナーに選ばれたことを発表した。契約は複数年で、ミシュランは「FIAグランツーリスモチャンピオンシップ」のオフィシャルタイヤサプライヤーを務める。また「グランツーリスモ・スポーツ」の無料コンテンツの中で、ミュージアムやマシンセッティングなどに登場する。

 同社は過去からモータースポーツ活動に積極的に取り組んできた。ここで培った膨大な量のデータは、世界で販売される製品だけではなく、今後はグランツーリスモにも反映されるという。

 ミシュランのスコット・クラーク副社長は、「両社の提携は、世界で最も成功しているバーチャルドライビングゲームと、タイヤシミレーションで業界をリードし、高性能タイヤのグローバルリーダーであるミシュランとの最高の出会いと言える。当社はタイヤを製造する前の段階で、タイヤのチューニングをバーチャルの車両とタイヤで行っており、それを現実の車両とタイヤに正確に反映している。この技術をモータースポーツから得たリアルなデータと組み合わせれば、ソニーはより優れたタイヤ戦略をゲームに導入することができる。長期的にはタイヤが車両のパフォーマンスに対してどれだけ重要な役割を果たしているかを、より多くの人に理解して頂ける」とコメントした。

 また、グランツーリスモシリーズの山内一典プロデューサーは、「モータースポーツへの情熱と確かな技術力を持つミシュランが加わることは、リアルとバーチャルの差を埋めていくという私たちのビジョンの大いなる力となる」と述べた。


[PR]

[PR]

【関連記事】