タイタンインターナショナルの上半期業績は減収減益に

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ:

 米タイタンインターナショナルの上半期(1~6月)業績は、売上高が前年同期比6.2%減の8億97万ドル(約881億円)だった。価格ミックスが2.5%増収に働いた一方、販売量で3.9%、為替が4.8%の減収要因となった。

 営業利益は3664万ドル減の171万ドルで、純損益は3053万ドル減少して445万ドルの赤字となった。

 部門別の売上高は、農機用タイヤが6.6%減の3億5601万ドル、産業車両用が6.7%減の3億6153万ドル、コンシューマーが2.5%減の8343万ドルだった。

 通期業績は売上高が前年比0~3%減、調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は7500万~9000万ドルに修正した。


[PR]

[PR]

【関連記事】