TOYO TIRE「OPEN COUNTRY」装着車 アジアンラリーで5連覇

シェア:
カテゴリー: ニュース
ナタポン・アングリッツァノン選手の車両

 8月10日から16日にタイやミャンマーで開催された「第24回アジアクロスカントリーラリー2019」で、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がSUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を供給したナタポン・アングリッツァノン選手のチームが総合優勝(AUTO部門)した。同社製タイヤを装着したチームが優勝するのは2015年から5年連続となった。

 アジアクロスカントリーラリーは国際自動車連盟(FIA)公認のレースで、ダカール・ラリーと同格のアジア最大の国際ラリー大会。タイヤには悪路走破性やブレーキ性能、トラクション性能、耐外傷性といった本格的なオフロード走行に対応した高い性能が求められる。

 今回のレースでは、D1ドライバーの川畑真人選手もラリー初参戦ながら完走を果たして総合14位を獲得するなど、上位15位中7台が「OPEN COUNTRY M/T」装着車両だった。


[PR]

[PR]

【関連記事】