全米最長のオフロードレースで「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース
Menzies_Vegas2Reno2019Win01
総合優勝したブライス・メンジス選手の車両

 8月14日から17日の4日間、米ネバダ州で開催されたオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」で、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)がタイヤを供給したブライス・メンジス選手のチームが総合優勝した。

 「Best in the Desert Vegas to Reno」は米国で開催されるオフロードレースの中で、最も長い行程(約880km)のレースとして知られている。ネバダ州南西部の都市ラスベガスを出発し、砂漠や山岳地帯など様々に変化する路面を駆け抜け、同州北西部の都市リノを目指すもの。今大会から終日を使っての走行に変更されたことから、高速走行のテクニックや完成度がレースの鍵を握った。

 こうした過酷な状況において、TOYO TIREのSUV用タイヤ「OPEN COUNTRY MT-R」は優れたパフォーマンスを発揮。ブライス・メンジス選手は2位以下に8分以上の大差をつけて同レース初の総合優勝を飾った。

 ブライス・メンジス選手は「勝利をつかむまでに多少時間はかかったが、今は想像以上に最高の気分。9月に行われるオフロードレースBAJA 400での勝利に弾みがつく」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】