グッドイヤー 宇宙空間でシリカ粒子を研究

シェア:
カテゴリー: ニュース

 米グッドイヤーは国際宇宙ステーション(ISS)の米国立研究所のプロジェクトに参画すると発表した。タイヤ性能の向上を目的に、宇宙空間でタイヤコンポーネント実験を実施する予定。

 スペースX社が7月21日に実施した18回目の打ち上げで、グッドイヤーの実験器具を搭載したロケットが出発。ISSでの微小重力状態のもと、消費財タイヤに使用するシリカ粒子の形成に関して研究を行う。その中で、特異構造を持つ沈降シリカがタイヤ性能の向上に寄与するのか実験する。

 今回の研究はISS米国国立研究所との協約のもとで行う。実験と同時刻に地球上のグッドイヤーの研究所で同様の実験を実施する。また、ISSでの実験結果は凍結して地球に持ち帰ることで、地球上と宇宙空間における実験結果の比較研究が可能となる。

 グッドイヤーのチーフ・テクノロジー・オフィサーのクリス・ヘルセル氏は、「当社のタイヤはかつて月に降り立ち地球に帰還した。その経験と知見により消費財タイヤの性能を新たなレベルに引き上げた。かつてのアポロ計画とともに今回の打ち上げ計画にも参画できることを大変誇りに思う」とコメントした。

 なお、グッドイヤーは1969年、アポロ11号のミッションにタイヤなどの製品を供給している。


[PR]

[PR]

【関連記事】