2020年のピレリカレンダー テーマは「ジュリエットを探して」

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ:

 伊ピレリはこのほど、2020年のピレリカレンダーのコンセプトとバックステージ画像を公開した。来年のカレンダーは「ジュリエットを探して」と題して、写真家のパオロ・ロヴェルシ氏が撮影を担った。様々な文化や国の女優や歌手が参加しており、シェイクスピア劇と愛の交錯や強さ、そして主人公の女性の若さと美しさを描いたという。

 今回、ロヴェルシ氏が選んだ9名のジュリエット役は、イギリス人俳優のクレア・フォイ、ミア・ゴス、イギリス人俳優兼活動家のエマ・ワトソン、アメリカ人俳優のインドゥヤ・ムーア、ヤラ・シャヒディ、クリステン・スチュワート、中国人歌手のクリス・リー、スペイン人歌手のロザリア、フランス系イタリア人アーティストのステラ・ロヴェルシ。

 撮影は今年5月にパリとイタリア・ヴェローナで1週間にわたり行われた。

スライドショーには JavaScript が必要です。


[PR]

[PR]

【関連記事】