コンチネンタル 農機用タイヤのビジネス拡大へ

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独コンチネンタルはこのほど、農業機械・建設機械の大手、米ディア・アンド・カンパニーとパートナーシップを締結し、「ジョン・ディア6」シリーズに農機用タイヤをOE供給すると発表した。これにより農機用タイヤのOE供給の更なる拡大を目指す。

 今回承認を受けたのは、「トラクター70」と「トラクター85」の合計30サイズ。両製品は堅牢性がありつつ、乗り心地や土壌の保護性能、牽引性を高いレベルでバランスしたことが特徴となっている。

 2018年夏に同製品の製造拠点であるポルトガルのロザウド工場でテストを実施。品質管理から配送プロセスやリスクマネジメント、注文処理といった広範囲にわたる項目で優秀な成績を収めたコンチネンタルが認証された。

 ディア・アンド・カンパニーは1837年に設立し、現在は世界30カ国以上に拠点を置いている。


[PR]

[PR]

【関連記事】