鈴鹿8耐でブリヂストンタイヤ装着チームが14連覇

シェア:
カテゴリー: ニュース
優勝したKawasaki Racing Team Suzuka 8H
優勝したKawasaki Racing Team Suzuka 8H(左)

 7月25日から28日に鈴鹿サーキットで開催された「2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」で、ブリヂストンがサポートしたKawasaki Racing Team Suzuka 8Hが優勝した。ブリヂストンタイヤ装着チームの優勝は2006年の初優勝から14年連続で、タイヤサプライヤーとしての連続優勝記録を更新した。

 また、同社がサポートしたYAMAHA FACTORY RACING TEAMが2位、Red Bull Hondaが3位で、ブリヂストンタイヤ装着チームが表彰台を独占したのは8回目となった。

 さらに、ブリヂストンタイヤ装着チームが8位までを独占。このうち、EWCにフル参戦しているF.C.C.TSR Honda Franceは4位となり、EWCのシリーズランキング2位を獲得した。

 ブリヂストン日本タイヤ経営企画担当の中田勇一執行役員は「今後もさらに技術を磨き、より良いタイヤ作りを目指していく」とコメントした。また、同社では「モビリティ社会に携わる一員として、今後もモータースポーツ活動に情熱をもって参画していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】