横浜ゴム「GEOLANDAR X-AT」発表 オフロード感高めた新カテゴリー

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは、9月からSUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」(ジオランダー)の新商品「GEOLANDAR X-AT」(ジオランダー・エックスエーティー)を発売する。発売サイズは16~18、20インチの10サイズで、価格はオープン。

GEOLANDAR X-AT
軽井沢スノーパークで開催された新商品試乗会で

 新商品は、オンロードでの快適性を求めながら、オフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザー向けに開発した。オールテレーンタイヤ「ジオランダーA/T G015」とマッドテレーンタイヤ「ジオランダーM/T G003」の中間に位置する新カテゴリーで展開する。

 今回は特徴的なブロックを組み合わせたアグレッシブブロックパターンを採用。トレッドデザインをサイドウォール上部まで伸長して存在感を高めるとともに、タイヤ両側のサイド部でそれぞれ異なるデザインとし、ユーザーが好むデザインを車両外側に装着できる。

 性能面では、トレッドに施したサイプと細溝がウェット路面や滑りやすいオフロード路面で高いトラクション性を発揮する。ショルダー溝と縦溝には凸部を設け、排土性能や溝底の保護を図った。

 また、トリプルポリマーを配合したマッドテレーン系のオフロードコンパウンドを採用し、耐摩耗性能と耐カットチッピング性能を確保。さらに、接地性の高いワイドトレッドデザインや高剛性3プライ構造などで操縦安定性や耐サイドカット性能を向上させた。

 なお、米国では7月から発売を始めており、アジアや豪州は9月から販売予定で、欧州を除くグローバルで展開する。


[PR]

[PR]

【関連記事】