コンチネンタル タイの二輪車用タイヤ工場建設で起工式

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独コンチネンタルは、7月10日にタイのラヨーン県で二輪車用タイヤ工場の起工式を行ったと7月17日に発表した。今後数年でおよそ2600万ユーロ(約32億円)を投じる計画。

 新工場は同社が今年3月にオープンした乗用車用タイヤ工場の近辺に位置している。2021年にラジアルタイヤの生産を開始し、その後バイアスプライ/クロスプライモデルも製造する予定。今回の増強によって約100人を新規雇用する。

 同社では、「欧米でコンチネンタルモーターサイクルタイヤに対する需要が高まっていることや、アジアや南米の市場成長が今回の重要な生産能力の拡張をけん引した」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】