ブリヂストン、先進技術で「東京2020オリンピック・パラリンピック」を支援

シェア:
カテゴリー: ニュース

 オリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーを務めるブリヂストンは7月22日、1年後に迫った「東京2020大会」で、同社の持つ先進技術やイノベーションを通じてアスリートや大会運営を支援すると発表した。

 ブリヂストンは公式タイヤサプライヤーとして大会の公式車両へタイヤを提供するほか、先進モビリティや安心・安全を支えるインフラなどを多角化商品やソリューションで支える。また、大会期間中は数100名規模の従業員ボランティアによる運営サポート、都内の交通量抑制に向けた時差通勤なども予定しているという。

 同社では「『東京2020』を最も効率的かつ持続可能な大会の一つとして運営することをサポートしていく。活動を通じて、当社の使命である『最高の品質で社会に貢献』に基づき、ステークホルダーがより快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】