ブリヂストンの企業博物館で免震ゴムとソーラーカーの体験イベント

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは8月2日と3日に東京都小平市にある企業博物館「ブリヂストンTODAY」で、体験イベント「地震からみんなを守る免震ゴムのひみつ」を開催する。

 小学生を対象に、住まいと地震、安全といった夏休みの研究課題に適したテーマを、見学や体験を通じて分かりやすく紹介する。

 当日は、同博物館の見学ツアーや免震ゴムに関するワークショップ、免震体験車で地震の揺れ方の違いを体験するなど4つのプログラムを予定している。参加費は無料で、定員は各回先着順で30名まで。同社ウェブサイトから申し込みが可能。

 また、8月9日と10日には小学生向けにソーラーカーの親子体感型イベントを行う予定で、2日間で約60組の親子を招待する。

 今回のイベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」では、「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」(BWSC)に参戦したソーラーカーを展示する。そのほか、車両の仕組みの解説や工作体験などを行い、ソーラーカーの技術力や環境への取り組み状況を訴求する。

 同社では、CSR体系で「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」を重点領域として掲げており、「BWSCはそれらの重点領域における当社の理念を体現できるものと考えている」としている。

 参加希望者は同社ウェブサイトから申し込みを行うことができる。


[PR]

[PR]

【関連記事】